"もし貴方の月収24万円であれば家賃は8万円まで、と言ってように予め決めておきましょう。
ただし家賃以外にも管理費や駐車料金などといったその他費用も必要なケースがあるので、家賃設定には十分にお気をつけ下さい。
賃貸物件を探している時に最も気になるものと言えば家賃なのではないでしょうか?
無理なく生活をしていくことの出来る家賃というのは、月収の1/3以下とも言われており、経済的に無理な家賃設定をしてしまうと支払いが困難になってしまうのでご注意ください。

 

賃貸物件へは引越しや挨拶、さらに不動産会社を介した場合は仲介手数料などが必要となってきます。
おおまかな計算となりますが、賃貸の契約をするには対象となる物件の賃料半年分程度が必要となります。"



賃貸の初期費用は家賃の六ヶ月分ブログ:20210614

旦那が仕事を辞めることになりました。
見かけによらず、責任感が強く慎重な旦那にとっては、
悩み悩んだ末の思い切った決断のようです。

「仕事やめたいなぁ」と最初に言い出してからは
2〜3年は経っているような気もします。

「あと1年、あともうちょっと…」と言いながら
夜中遅くまで働き続けてきた旦那も遂に限界がきたようで、
今年に入ってようやく「区切りつけるわ」と
自分から言ってくれました。

奥さんの立場としては、
日々22時遅くまで働きづめで、
疲れ果てていた旦那を見ていたので…

ホッとした気持ち半分と、
これから先がハッキリ決まっていない状態で
仕事を辞めるなんて本当に大丈夫なんだろうか?という気持ち半分です。

ただ、将来の不安を感じながらも、
私はやっぱり、よかったなぁ…という思いが一番です。

旦那の決断までの流れをみてると、
そういえば、私自身も自分がなかなか決められない性格で、
昔長年務めた職場を辞める時も何年も悩んだよなぁ…と
いうことを思い出します。

でも、辞める前にあれだけ心配して悩んだわりには、
辞めてからは何事もなかったように流れていくので、
「なんで私はあんなことであんなに悩んでいたんだろう?」と
不思議に思うんですね。もっと早く決断すればよかった…って。

旦那も、自分で「区切りをつける」と言い出してから、
随分いろいろなプロセスがあったように思います。

旦那は、今を楽しむということやチャンスに恵まれてるということでは、
私よりもよっぽど強いと思っていたけれど、
やはり旦那にも旦那なりの恐れは一杯あるようです。

でも、ひとまず「お疲れさまでした」ですね。